スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼を求めて…

2008/07/18 (金)  カテゴリー/未分類

暑い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか
涼しくなりたい。。

何か、涼を感じられる画像は…。

噴水とうさぎ
…あら、微妙ですね
水と緑をキーワードに探してみましたが水量が寂しくて、むしろ…?


はじめまして。
バイヤー見習いのアライです。
涼…とは離れてしまいましたが、このうさぎさん達かわいいと思いませんか?
な~んか雰囲気があるんですよね。
ここで、もう一枚。
しか…?
う~ん、やっぱりかわいい
これはどこの国か分かりますか?


私は諸事情により、見知らぬ土地を訪れると
その土地土地の植物につい目がいってしまいます

皆さんもこのような庭園をどこかで見たことがあるのではないでしょうか。
このように動物の形や幾何学形に刈り込まれた樹木をトピアリーと言います

トピアリーの歴史は古代ロ-マ時代にまでさかのぼり、
奴隷の庭師が生垣に主人と自分のイニシャルを刈り込んだのが最初といわれているそうです。
トピアリー独自の技法が本格的に普及したのは16世紀以降のヨ-ロッパ。
庭師が職人技を駆使して何年間もかけてつくりあげ、
円錐や球体の形に樹木を刈り込んだトピアリーガーデンが王宮や貴族の館で流行したそうです。

円錐イチイとロダン
確かにロダンの考える人も円錐の木に囲まれています。


…でも、ちょっと不思議な感じです。
日本ではこのような幾何学的に刈り込まれた庭園はあまりないですよね。



では、これはどの国のトピアリーでしょうか?
もう一枚見てみましょう。

ぞう


はい、お気づきですね
この国です。

カラフルタクシー
http://www.isanyodo.com/overseas/asia/thailand.html

それではまた。


この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。