スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵方巻き

2009/01/30 (金)  カテゴリー/イベント

こんにちはカネヨリです。
今年も宜しくお願いいたします。

もうすぐ節分鬼

自分の年の数だけ(地域によっては年の数より1粒多く)豆を食べると
邪気を祓えると言われてます節分

当然ですか私も毎年食べる数が増え、
最近は口の中がパサパサになるほど・・・。
飲み物なしではもはや・・・です。

さて節分といえば、ここ数年「恵方巻き恵方巻き」がイベントのように
定着してきました。
スーパーやコンビニでも「巻き寿司の丸かぶり!」などの
キャッチコピーをつけて販売していますね。

皆さん、恵方巻きの由来をご存知ですか?
偉そうな言い方をしましたが、恥ずかしながら私は最近知りました、
なので一生懸命調べました。

<恵方巻きとは>
巻き寿司を恵方に向かって丸ごとラッパを吹くようにくわえ、
目を閉じて私語を交えずに願い事をしながら食べると
1年間良い事がある。
巻き寿司を食べる理由は「福を巻き込む」からと言われており、
一般的に七福神にあやかり7種の具を入れる。
また、丸ごとかぶりつくのは「切ると福がこぼれるために包丁を
入れない」という意味合いがある。

<恵方とは>
恵方とはその年の歳徳神(1年中徳のある神)のいる方角のことで、
「明きの方」とも言い、その方位はその年の最大吉方位となる。
昔は恵方参りといって、初詣に自宅から見て恵方の方角の神社へ
参拝する習わしもあった。
歳徳神は毎年その居場所を変えるため、恵方も毎年変わる。


ふむふむ・・・、
ふむふむ・・・、

長々とありますが、「良いことが起きますように!」ってことですね。
(短っ!!)


では何故巻き寿司なのか?
調べるといろいろな説がありました。

~一説です~
大正時代、大阪ではお新香の漬けかかる節分の時期にお新香を
巻いた海苔巻を恵方に向かって食べるという風習がありました。
その後昭和に入り、海苔の消費拡大のため関西のお寿司屋さんと
海苔業者さんがアピールし、拡大させたそうです。

うむ、なるほど。


私もここ何年か毎年かぶりついています。

photo.jpg
うちで作ったのは特にデカイかも

いただきます!

ガブッ!!

ムシャムシャ・・・
・・・・・
モグモグ・・・ 

ムシャムシャ・・・
・・・・・
モグモグ・・・

ムシャムシャ・・・
・・・・・
モグモグ・・・



・・・噛む音だけが響きます・・・。

・・・・・・・・

ブォゥハハハ!!!

そして、かみさんと目が合った瞬間、噴き出します。

何故かって? 
丸かぶりをしたことがある方ならお分かりになるはず。
食べてる間、終始無言って不思議な空気ですよ。


何はともあれ、「美味しく願掛け!!
良い事がありますように


皆さん! 今年の恵方は「東北東」ですよ!! 



それではまた。


この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。