スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ電の旅

2009/07/31 (金)  カテゴリー/国内旅行

いや~毎日ジメジメしてますね~。

梅雨明けしたにもかかわらず、あんまり夏っぽくない天気

と感じるのは私だけでしょうか。

東京はホントに梅雨明けしたんですかね

ナゾです。

こんにちは、バイヤー見習いモリコです


友達が江ノ電に乗って江ノ島~鎌倉に行って大仏を見たいというので、

リクエストにお応えし、先週末行って来ました。


まず新宿からフリーパスで小田急線で藤沢まで行き、

藤沢にて感動の江ノ電乗車(実は初めてだったので大興奮!)
RIMG1072.jpg

初の江ノ電に興奮しつつもまずは江ノ島駅で下車し、

江ノ島を目指しました

10分程歩くと江ノ島が見えてきました

おぉ~
RIMG1091.jpg

江ノ島では生しらすを食べるぞ!と決めてたので、

江ノ島周辺で獲れたというアジと生しらすの丼ぶりを食べてみました。
RIMG1108.jpg

生しらす
RIMG1110.jpg

味は普通に美味しかったです。


のんびり江ノ島散策した後、

ドラマやCMの舞台によく使われるという鎌倉高校前の海岸で

今年初の海に入っちゃいました
F1001749.jpg

鎌倉高校といえば、スラムダンクの陵南高校のモデルとなったとか

スラムダンク大好きな私としてはやはり大興奮なわけです


再び江ノ電に乗って驚きました。

江ノ電って途中、道路の真ん中を走っちゃうのですね
F1001733.jpg

江ノ電の旅、相当楽しいです


ようやく今回一番の目的地、長谷に到着しました。

大仏様。おぉ~
F1001782.jpg

やはり大きいです

が、江ノ島でのんびりしすぎて大仏の胎内に入ることができませんでした。。。

残念



でも、帰りに近所の駄菓子屋で鎌倉みやげとして

大仏グミ
F1001799.jpg



仏足飴
F1001801.jpg

をゲットし、あまり調べずに行った割に最後まで楽しめました。

江ノ電、乗ったことない方は是非どうぞ
スポンサーサイト

我が家の人気モノ“オードリー”

2009/07/24 (金)  カテゴリー/世界の雑貨

みなさん日食は見られましたか?

私は先日行った展示会で日食グラスをもらったので、
ものすごく楽しみにしてました。
日食グラス

ところが当日、ここ新橋は朝からあいにくの雨。
日食の時間はかろうじて雨は上がりましたが、厚い雲に阻まれ、
まったく見ることが出来ませんでした。

いつの日かこんな皆既日食を見てみたいものです。。。
皆既日食

こんにちは、制作の加藤です。

日食を見れなくて残念だった私ですが、
気を取り直して、我が家とその周辺で人気急上昇中の
“オードリー”をご紹介します。

オードリーと言っても、
あのお笑い芸人のオードリー�t���g�D�[�Xじゃないですよ。

今回ご紹介するのは「コジオル」という
ドイツのデザインキッチン雑貨ブランド
ティーストレーナー“オードリー”です。
オードリー商品画像
Koziol ティーストレーナー “オードリー”
言ってみれば可愛らしいお花の形の茶こしです。�F�t���A�X�^���X�N-5sBold��Tangerine�i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��

しかしこの“オードリー”、ただ可愛らしいだけではないんです。
こう見えてかなり機能的にも優れモノということで、
実際に使い方をお見せしながらご紹介いたします。

まずはオレンジの花びらをカップやグラスにセットします。
そこに紅茶やハーブティーの茶葉を入れてお湯を注ぐだけ!
オードリー使用例1
今回は夏ということで、ちょっと涼しげにアイスティーにしてみました!

アイスティーを作る場合には、
あらかじめグラスに氷を入れておきます。
そこに“オードリー”の花びらをのせ、
茶葉を入れた後に熱いお湯を注ぐだけ!
で、美味しいアイスティーの出来上がり。
オードリー使用例2
氷がかなり溶けるので、
茶葉は多めに入れて濃いめに作るのがポイントです。

お湯を注いだ後は写真のように緑のガクの部分に
花びらを乗せて収納できます。

POPで可愛らしいデザインとキレイな発色が
ティータイムを楽しく演出してくれる“オードリー”
花びらが大きいので、マグカップやグラスの口径が限られそうですが、
下の写真のように花びらの根本部分がかなり細めに作られているので
たいていの大きさのカップに合いますよ。
オードリー使用例3

実は先日、紅茶好きの私の母親にプレゼントしたら
とても気に入ってくれました!
さらにそれを見た母親の姉(私の叔母)にも気に入ってもらい、
いくつか注文をいただきました。

ということで、私の親戚関係で局地的に大人気の
コジオル ティーストレーナー “オードリー”ですが、
オードリー商品画像
いつの日かお笑い芸人のオードリー�t���g�D�[�X
に負けないくらい人気者になって欲しいな~
と思う今日この頃です。





テーマ : HAPPY!! GOODS - ジャンル : ライフ

三浦半島

2009/07/21 (火)  カテゴリー/国内旅行

こんにちは世界のお土産ショップスタッフのアキヤマです。

7月の連休に家族で旅行に行ってきました。

私が住んでいるところは三浦半島なのですが、
ここはどこに行っても観光スポットだったりします。
駅に一つはなんらかの名所などがあったりします。

今回は観光地の一つ城ヶ島に行ってきました。
まぁ、月に1度は買い物ついでに寄るのですが・・・。

この時期、三浦半島は海水浴に来る人でいっぱいになります。
今年は高速道路値下げの影響で車で来る人が多くなりいつも以上の渋滞を体験できます。

が、

地元民としては渋滞を体験したくないので抜け道を利用します。w
抜け道というだけあって異常に狭いところもあるのですが景色が素晴しいです。

山と海が混在しているため通行中も二つの景色をまとめて楽しむことができます。

hatake.jpg
この写真は抜け道の途中で撮影しました。

kaigan.jpg
これは城ヶ島の海岸です。

fuusya.jpg
このでかい風車は抜け道の途中にあるのですが、とても目立つため合流ポイントとしてよく利用されています。
全長40mということで真下から見上げると物凄く怖いです。w

実はこの公園、地元の人もあまり知らないのですが花火を見るのに調度よかったりします。
普通は海から上がる花火ををみるのですが、ここから見る花火は山から上がるように見えるのでとても新鮮です。
時間があれば今年も見に行きたいです。

もし花火大会に来る予定のある方は候補地として考えてみてはいかがでしょうか?w

ツール・ド・フランス2009

2009/07/17 (金)  カテゴリー/週末の過ごし方

突然梅雨明けしてしまい、猛暑に溶けかかっている
制作の井上です���z

この時期はツール・ド・フランスをよく見ているのですが
(見始めて数年のニワカファンです)
今年は日本人選手が2人も出場し、しかも現地でも話題になるほどの活躍で、
いままでよりさらに楽しく視聴しています。

見始めたきっかけは、満開のひまわり畑を突っ走る選手たちが
かっこいいなあと思ったところからですが、
続けてみていても、田園あり���R、市街地あり�r��、小さな村���Ƃ�-���O�n�E�X、そして険しい山岳ありと�R�Ƌ�
1日の中でも次々と景色が変わっていくので飽きずに見ていられます。

さらに、沿道の観客も熱く応援していて、
中には近くの空き地に地上絵(?)を描いて空撮のヘリに撮られたり、
手づくり看板(選手の姿を立体的に模した力作あり)で応援したり、
ただ見ているだけじゃなく、参加してくる観客を見るのも、また楽しいです。

地上波でなかなか放送がありませんが、
スカパーやケーブルで視聴可能でしたら、J SPROTSで放送中です。

放送はだいたい21:00頃から0:00くらいまでで、
この時間はついなにかつまみたくなってしまいませんか?
暑い夜には冷やしたビールを傍らに置いて観戦できれば極楽�ްټޮ��…。

ちなみに、選手たちも長丁場ですので、レース中に走りながら
栄養や水分を補給したりしています。
携帯用ビスケットやドリンクのボトルをバッグに入れて、
チームスタッフが走っている選手にうまいこと渡すようです。
そのバッグ(=補給食全般)のことをサコッシュといいますが、
観ているこちらもサコッシュを用意したくなっちゃいますね。

三洋堂のネットショップでもビール&おつまみをご用意しています。
世界のビールギフトこちら
ビールイメージ


ツールでの日本人選手の活躍もあってか、このところ日本でも自転車通勤する人や、
ロードレースをはじめる人が増えているそうです。
井上の知人にも約30km(ちなみに片道が、です)
の距離を自転車通勤している猛者がいました���񂮂�
ハマるとやめられないらしいです…。
(7月16日の放送では片道40kmの道のりを通った方が出演されてましたね。
どんな世界なんでしょうか。毎日80km走るというのは…)


しかし、ママチャリならともかく、ロード用バイクで長時間走るからには
いろいろと準備も必要でしょう。
しかもこのところの暑さですから熱中症対策もしなくては。
バイクをはじめスポーツ時に必携なのが、

チリーパッド
チリーパッド


水で濡らして絞るだけで冷たいタオル�J�L�Xのできあがり、
という夏のスポーツやアウトドアに欠かせないグッズです。
一度濡らせば数時間冷たさをキープします。
洗濯もOKですので、何度でもお使いいただけます。
首筋や手足を冷やすといいそうですよ。

夏休みにご家族でスポーツを楽しまれる方もいらっしゃると思います。
くれぐれも帽子と水分補給は忘れずに、チリーパッドと一緒に
楽しい夏休みを

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

贅沢三昧

2009/07/10 (金)  カテゴリー/週末の過ごし方

こんにちは、バイヤーのカネヨリです。

突然ですが、私は
梅雨(雨)より晴れが好き
なので、もちろん冬より夏が好き  上半身裸で過ごせる国なら文句なし!
なので、もちろん風呂よりシャワーが好き
ですが・・・、温泉は大好き 
です。

という訳で、リフレッシュも兼ね、年に何回か温泉につかり、
美味しい地場料理を堪能します。
今回は伊豆の伊東に宿泊。

チェックインまで時間があったので、伊東の町を散策。
おみやげ屋さんはもちろんチェック!
言うまでもなく職業病です。

干物、饅頭などなど、観光客の方は購入されていました。
写真忘れた・・・、仕事そっちのけ? いえいえ今日は休暇です


そしてブラブラしていると、私のツボにはまる面白い看板(?)を発見。

P6261178.jpg
【かけラーメン】 かけそば、かけうどんは知ってるが・・・、気になったが満腹の為断念。


P6261175.jpg
【コロコロステーキ】 サイコロステーキは知ってるが・・・、同じかな?


P6261180.jpg
【一方通行】 よ~く、よ~く見てみると・・・、車輪が付いてる!!

1111.jpg
市営駐車場を出た塀にペイントされていたのですが、
あまりにも凝視し過ぎ、ハンドルを切るのを忘れ
この塀に激突するかと思ったほど。


伊東の町、かなり好きです。


さて、そうこうしているうちにチェックインの時間。
伊東に宿泊するのは2回目。
場所は丘陵地である伊東の小高い丘(?)の上にある5部屋のみの小さな宿です。
今回はちょっと贅沢に風呂付きの部屋に。

P6261210.jpg
部屋から相模湾を望む
琉球畳も趣きあり


P6261205.jpg
源泉かけ流しの檜風呂

P6261221.jpg
お茶のお香 ちきしょー、ブレてる・・・

どれもこれもそれはもう最高~!!
風呂からも相模湾を一望!!
(写真は・・・、上の白っぽい部分は海です・・・)


和洋折衷の料理の質・量とも満足。
P6261247.jpg

P6261241.jpg
金目鯛の刺身は初めて

P6261242.jpg
伊勢海老の刺身も初めて
プリップリ!


チェックインしてから一歩も部屋から出ず、部屋でゆっくりと
「何もしない時間を満喫」。

仲居さんの行過ぎない自然な対応にも満足でした。


日本人はやっぱり風呂ですね。湯船ですね。
ゆっくりつかってリフレッシュしました。


しつこいですが、やっぱりいいです温泉は。
暑い時季にこそいいかもしれません。


再び訪れることを目標に節約開始!


それではまた!




[カンボジア紀行] アンコール・ワット

2009/07/07 (火)  カテゴリー/海外見聞録 (出張&旅)

ハイタイ!
沖縄ネタ担当のミハラですが、今回は
GWに行ってきた
カンボジアのネタでいきます!

カンボジアで亡くなったカメラマン、一ノ瀬泰造さんの本を
10年ほど前に読んだ時からずっと気になっていた国、カンボジア。

でも、わざわざ“カンボジアに行こう”という気持ちは起きず、
大好きな沖縄旅行にばかり行く日々でした。

しかし!
海外旅行はおろか、東南アジアにさえまともに行ったことのない
私が、ひょんなことから(韓国旅行を予約しようとしたら満員だった…)
カンボジアに旅行に行くことになったのです。
正直言えばノリです!ノリ!!

カンボジア…といえば、
アンコール・ワット!(世界遺産)スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

見るぞ!行くぞ!感動するぞ~!

------ホーチミン経由で12時間のフライト------

5月のカンボジアは…でした。
日差しよりも、湿度とスコールにやられました絵文字名を入力してください

カンボジアの都市、シェムリアップといえども、道路は舗装していない
場所も多く、砂埃や水たまりがあちこちにありました。

▼観光客御用達のトゥクトゥク!


cambo2.jpg  

カンボジア人はとてもフレンドリーで、市場やお店でも気さくに
英語や片言の日本語で話してくれました絵文字名を入力してください

現地のガイドさんによれば、近年は外国人観光客向けのホテルの
建設ラッシュが続き、日本語や韓国語や英語を勉強してガイドになる
人も増えているのだそうです。

▼シェムリアップの台所、オールドマーケット!

cambo7.jpg 

カンボジアの食べ物は「ベトナムほど甘くなく、タイほど辛くない」と
言われています。
アジア料理が苦手な私でも、おいしく食べることができました。
フォーのような麺類や、野菜やエビや魚を炒めた料理が多いです。

cambo8.jpg 

2日目に、アンコール・ワット&周辺の遺跡群に行きました。
アンコール・ワットの遺跡群を全部まわるには3日程度かかると
言われています。

今回は時間がないので、アンコール・ワット、アンコール・トム、
タ・プロームといった有名どころを1日でまわるツアーに参加しました。

アンコール・ワットは、荘厳でとても美しかったです!
すごくシンプルな表現ですが、それしか言いようがありません。
それくらい圧倒的な存在です。

▼アンコール・ワット

cambo10.jpg  

引きでもう1枚。
この角度が一番美しい画になるそうです↓


cambo1.jpg 

昔は、男性が戦争などで不在なことが多く、女性がアンコール・ワット
の建設に携わっていたこともあるそうです。
そのため、体力のない女性が土台を造ったために、一部の建造物が
もろくなってしまったとも言われているそうです。

朝焼けの中にたたずむアンコール・ワットも、息をのむくらいの
美しさでした。
(写真はありません!撮らずに見とれてました…)

▼アンコール・トム

cambo5.jpg 

暑さの中、急な階段の上り下りも多く体力的にキツかったですが、
静まり返った回廊の中はひんやりして気持ち良かったです。

周辺には、商店をはじめ、売り子やら、大道芸やら、僧侶やら、
象までいました
スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

▼観光客専用の象

cambo6.jpg 

▼タ・プローム
長年放置されていたために、木々の根が張り巡らされた仏教寺院

cambo4.jpg 

途中でスコールがきて、全身が汗と雨でずぶ濡れになりましたうおぉッ==
この日は天気が悪かったので、夕日が見られず残念!

しかし、数少ない海外旅行の中で、アンコール・ワットは
ベスト3絵文字名を入力してくださいに入るくらいの思い出の場所となりました!

みなさんも、是非一度行ってみることをおすすめします!
ちなみにカンボジアのベストシーズンは、暑さの和らぐ11月~1月
とのことです。

そして、現地で有名なお土産菓子といえばこれ!↓

▼アンコール ワットクッキー 6箱セット

ca13_360_225.jpg 

香ばしいカシューナッツ風味のシンプルなクッキー。
甘いものが苦手な方でも、抵抗なくいただけます。

カンボジア産の材料を使って、現地の人が作っているそうです。 

あと、カンボジアといえば“黒こしょう”が有名。
現地のお土産店でも様々な種類が売っています。

▼カンボジア ペッパー 3瓶セット

ca12_360_225.jpg 


海外旅行では、お土産の荷物が多くて移動が大変だったり、
現地にお土産屋さんがあまりない!というケースもあったりします。

そんな時のために、出発前にお土産を事前注文して、旅行を思い切り
楽しんじゃいましょう!
もちろんお土産は
自宅まで配送いたしますトラック

☆詳しくはこちら→「世界のお土産ショップ

イギリス・マンチェスターにて。

2009/07/06 (月)  カテゴリー/海外見聞録 (出張&旅)

こんにちは。 バイヤー見習い・アライです。

毎日ジメジメしてますね263この時期は苦手です。。

なので、梅雨の日本を脱出してイギリスはマンチェスターに行ってきました233

成田を夜11時に発ち、マンチェスターには朝8時頃到着。
いかにもイギリスっぽい曇り空が迎えてくれました107
曇っていてもカラッとしていて、過ごしやすい気候です。

駅前の大きな通りは、パリ・新橋と同様にスズカケ並木でした

P1000030_convert_20090706171907.jpg 

運河沿いのオープンカフェ(?)。にぎやかになるのは夜のようです。

P1000092_convert_20090706172159.jpg 
マンチェスターと聞いて思い浮かぶのは、
17世紀の綿織物工業に始まる「産業革命」でしょう。

特に有名な遺跡などがある訳でもなく、
観光する場所はあまりありませんでした441


しかし、実はマンチェスターは音楽の都で、
英国を代表する著名なミュージシャンやバンドを
多く輩出している街でもあります。

今回は、ここでCircusLiveを観ることが目的でした343

  P1000109_convert_20090706182352.jpg P1000110_convert_20090706182523.jpg 

  P1000482_convert_20090706182731.jpg P1000365_convert_20090706182819.jpg 
スペクタクルなショウに毎日とにかく大興奮でした

そして忘れてはならないのが、
イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドです219
残念ながら現在シーズンオフなので、
オールドトラッフォード・スタジアムツアーに参加してきました257
 P1000423_convert_20090706182934.jpg P1000424_convert_20090706183031.jpg P1000430_convert_20090706183142.jpg P1000426_convert_20090706183248.jpg 

クリスティアーノ・ロナウドのバロンドール受賞トロフィーに興奮420

…しかし、スペインへの移籍が決まり、グッズはセール品となっておりました。

P1000452_convert_20090706183437.jpg P1000455_convert_20090706183829.jpg  

 選手が入場するゲートからピッチへ…。

曇り空の下でも芝の緑が美しく、
次回チャンスがあれば、ぜひこのスタジアムで観戦したいと思いました282

 

またイギリスと言えば、サンドイッチです。

超がつくほどサンドイッチ好きな私としては願ったり叶ったりな毎日でした446

P1000136_convert_20090706175052.jpg

セロリとブドウのサンドイッチなど、日本では考えられない組み合わせが
たくさんあります。売り場を見ているだけで楽しくて楽しくて



P1000173_convert_20090706175204.jpg

もちろん、パブでも一杯やってきました

そんなイギリスのおみやげといえば、紅茶にショートブレッドに…。
ぜひぜひお試しあれ
http://www.isanyodo.com/overseas/europe/unitedkingdom.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。