スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜並木

2010/03/30 (火)  カテゴリー/週末の過ごし方

こんにちは、世界のお土産ショップスタッフのアキヤマです。

最近はどこに行っても必ず桜の話題になりますね。
綺麗に咲く花はどれも美しいですが、特に桜は心が洗われます。

私は普段、通勤電車で普段は本を読むなどをして景色を全く見ないのですが、
この時期だけは桜の咲き具合を見るために景色を眺めています。
そして綺麗に咲いたと確認したその日の夜に、車で桜を見に行きます。

車で10分程の場所に桜がたくさん植えてある地域が数カ所あります。
桜が見られる全ての場所をゆっくりと回ると実際には2時間程掛かるのですが、
桜を見ていると時間が経つのは早いもので数分にしか感じられません。

昼間は仕事で見られませんので夜に見に行きますが、
桜を見たあとはとても優しい気持ちになれるので毎年楽しみにしています。

桜といえば国際宇宙ステーション「きぼう」で宇宙旅行をした醍醐桜の種が発芽したそうです。
醍醐桜は樹齢1000年を超えるとても立派な桜です。

桜の種は桜栽培40年のベテランの方が育ていて、
来年の11月頃、岡山県真庭市へ引き渡されるそうです。

何年か経つとこの桜も立派な花を咲かせると思うと今からとても待ち遠しい限りです。
花を咲かせたらぜひ見に行きたいものです。

それまでは立派な地上の醍醐桜を観て、宇宙旅行した桜の将来を楽しみにしています。

醍醐桜のライブカメラ
http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/live-cam/location/daigo.jsp
スポンサーサイト

もみじ狩り

2009/11/27 (金)  カテゴリー/週末の過ごし方

こんにちは、バイヤーのカネヨリです。

秋ですね~。
食欲、睡眠、紅葉、どれをとっても今が旬!

旬の使い方間違ってるな・・・。


さて、数日前の近所?(でもないか)の紅葉情報を皆さまに。

ルートは

神奈川県側から箱根越え → 三島より修善寺へ南下 
→ 修善寺もみじ林 → 沼津へ北上 → 
富士宮に向かい西へ → 精進湖へ北上 
→ 河口湖湖畔・もみじ回廊 

とテンコ盛りの1日。
渋滞もなんのその!

良く言えばアグレッシブで行動派!
悪く言えば無計画・・・

箱根は小涌園近辺が見頃でした。
ですので強羅もおそおらく見頃でしょう。
でも写真が1枚もない・・・・・・・。

修善寺に向かう途中ちょっとおもしろい看板を発見。

コピー ~ PB210220-1
「おいでなしゃ~まし」
私のツボにストライクです。


目的地のもみじ林に到着。
もみじ林入り口
コピー ~ PB210271
大きなイチョウが色付いています。
観光バスも数台、とちぎナンバーのバスが止まっていてビックリ!

まだ5分咲きってとこでした。
咲いてないか・・・。
コピー ~ PB210266

コピー ~ PB210262

コピー ~ PB210245

コピー ~ PB210260
でも、色付き前の緑色のもみじが赤・黄と相まって、これはこれで綺麗。


これはしだれ桜の木(確か・・・)
コピー ~ PB210265
立派な大木です。

遊歩道をてくてくと歩くと高台にでて視界が開けました。
そこになんと! 富士山が!!
コピー ~ PB210247

空気が綺麗でないと見えないのにクッキリと!!

この富士山を見た途端、
「あの綺麗な富士山に近くに行ってみよう!」と、雲に隠れる可能性など全く考えず、何とも軽率な行動をとることに。

修善寺から沼津に北上、さらに富士宮に向かい西へ。
幸いこの日は天気が良く、雲に隠れることなく富士山をいろいろな角度から眺めることに成功です。

富士宮手前の富士市からの富士山
コピー ~ PB210274
見にくいですが、標識には「裁判所→」「検察庁→」の文字が・・・。
シャッターのタイミングが・・・。


国道139号線を精進湖へ。
そして精進湖から本栖湖、西湖を通り河口湖へ。

河口湖湖畔から
コピー ~ PB210278


富士五湖近辺は既に散り始めており、紅葉スポットの河口湖もみじ回廊も散り始めでした。

河口湖もみじ回廊
コピー ~ PB210281

コピー ~ PB210279

コピー ~ PB210284

コピー ~ PB210282


伊豆半島から富士五湖へと、紅葉前線を溯った感じです。
場所により木の大きさや色味が違うので、紅葉三昧に大満足!

三昧の使い方間違ってるな・・・。


紅葉とは無関係ですが、河口湖もみじ回廊の側に綾小路きみまろさんのオフィシャルショップがあります。
全国でここだけのようですが、なぜ河口湖にオープンしたんだろうと・・・。

この写真の綺麗なもみじの奥にあります。

コピー ~ PB210287


ショップ内にはオリジナル商品がたくさん並んでおり、中には地元山梨産のワインも!

ふむふむ、勉強になります。

団体旅行のおば様達もたくさんいらしており、河口湖にある理由が少し解った気がしました。

私がおば様達と釘付けになったのが漫談のDVD。
サンプルが放映されており、私は人前とは思えないくらいの馬鹿笑いをしてしまい赤面・・・。
綾小路きみまろさんの漫談面白いですね!



いや~、充実の1日でした。


今は京都あたりが見頃でしょうか。
京都もいいですよね。



それではまた!


THE ハプスブルク展に行ってきました!

2009/10/20 (火)  カテゴリー/週末の過ごし方

こんにちは。スタッフのクロダです。

今回は巷で話題の「THE ハプスブルク展」へ行って参りました

六本木の国立新美術館で開催されている、絵画や工芸の展示会です。
その名の通り、ヨーロッパ王室のハプスブルク家にまつわる美術品ばかりで、豪奢な芸術を堪能できる催しでした。

国立新美術館には初めて訪れましたが、とてもモダンな外観。↓

国立新美術館

美術館にしては内装がシンプル過ぎる印象を受けましたが、他の展示会も併設しており、一日居ても飽きない美術館です。

さて「ハプスブルク展」ですが、私のお目当ては数々の肖像画。
入ってすぐに、女帝マリア・テレジアフランツ・ヨーゼフ1世皇妃エリザベートの肖像があり、その質感といいリアルさといい、本人を見たことがないのに「そっくり」と思ってしまうほどです。
写真のような緻密さと、油絵ならではの質感。

特にエリザベート皇妃の肖像画は、三洋堂で販売しているコーヒーやスパークリングワインのパッケージにもなっているんです

「シシィ エリザベート コーヒー」↓(「シシィ」とは「エリザベート」の愛称です)


「シシィ エリザベート ゼクト(スパークリングワイン)」↓



この肖像画は夫であるフランツ・ヨーゼフが「最も彼女らしく素晴らしい肖像画」だと大絶賛したものだとか。
実物はかなり大きく見上げて息をのむほどでした。
やわらかな美貌や繊細な髪、今にも揺れそうな純白のドレスに、輝いて見える宝石の数々。
写しでも手元に置いておきたくなるような美しい絵です
肖像画といえば、当人を知らないとあまり面白くないものですが、美人画だと思えば知らなくとも十分楽しい!しかし知っているとその何倍も楽しいですよね!

お芝居になるほど数奇な運命をたどった皇妃に思いをはせて鑑賞している方も多く、幾人もの女性があれこれ同行の男性に説明していました。
とても女心を擽る絵画のようです。

また、興味深かったのが国別に展示されていたこと。
ハプスブルク家は、オーストリアハンガリーのほかにもスペインオランダドイツイタリアなどのヨーロッパ各地の王族を輩出しているので、絵画もそれぞれの国の宮廷画家が描いたものごとに分けられていました。
私はクラナッハ、ムリーリョ、ヴァン・ダイクが好きだったため、今回展示されていて大感激
ただ今までは「綺麗なので好き」としか思ってませんでしたが、国ごとに分けられていると今までと違った特徴を感じて、とても楽しかったです

工芸も絵画と同じく、どれも贅沢で美しいものばかり。
武具も数点展示されていましたが、既に実用品ではなく装飾用として細工が施されています。
「カール5世の『メデューサの盾』」もあり、神話を真似て作ったのかと思うと少し笑ってしまいました。
カール5世はペルセウスにあやかりたかったのか、単に真似て見せびらかしたかっただけなのか

最も目を惹かれたのは、宝石貴石が玩具のようにはめ込まれた掛け時計。
色とりどりの石でフルーツを細工したものを盤面にぎっしりあしらった見事な飾り時計で、一瞬時計とわからず唖然としてしまいました。
もちろん素晴らしいのですが、やりすぎ?

しかし、どれも美しいことに間違いなく、TVや本で見るのとまるで違う鮮明さに、何度も感嘆のため息がこぼれます
オーストラリアやハンガリーに行けない身としては、久しぶりにどっぷり帝国芸術に浸ることができました
機会のある方はぜひ行ってみてください!

旅行にも、美術館にもなかなか行く時間がないという方は・・・

【オーストリアのお土産】

【ハンガリーのお土産】

ちょっと気分が盛り上がるかも

小旅行

2009/09/18 (金)  カテゴリー/週末の過ごし方

こんにちは、バイヤーのカネヨリです。

めっきり涼しくなりました。
汗っかきの私もさすがに半そででは寒い(脂肪は着てますが・・・)。

さて、少し前ですが飛騨高山に行ってきました。
高山、奥飛騨とも始めて訪れましたがいいとこですねー。


P8090035_convert_20090918170231.jpg
高山の古い町並みです。
風情があります。

昔からある家屋を大切にし、軒下には用水が流れ、造り酒屋などもあり、なんともいえぬ趣きがあります。


ぶらぶら歩くだけでも十分楽しめますが、
ただぼけーっと歩いてると用水路に落っこちるので注意!
危なかったー!!


そしてなんと言っても飛騨といえば飛騨牛。

P8090042_convert_20090918170347.jpg
興奮のあまり食べ始めてから写真を撮り忘れたことに気づく・・・。

元々普段から高級牛肉はおろか牛肉を食べない内で(厳密には食べれない)ので霜降りだと油が多く、体が受け付けないと思いリーズナブルのランクを注文。
それでも十分うまい!!


しかし!!
半分も食べないうちに満腹感が・・・。
あ~、苦しい~。

リーズナブルのランクでも肉質の良さに胃がびっくりしたもよう。
もちろん残すのはもったいないので何とか口の中に納める・・・。
店を出るときは満足感よりも満腹感の方が勝り・・・。


そして奥飛騨に移動。
奥飛騨もいいとこですねー。
ぶらーっとドライブした後、風情ある旅館にチェックイン。


ゆったりと温泉に浸かりリフレッシュ。
風呂上りは畳に寝転がりひと眠り。
目を覚ますと日も暮れてきており、夕飯の時間。


しかし!!
腹が減ってない!!!
楽しみにしていた「飛騨牛のしゃぶしゃぶ」がー!!!

P8090051_convert_20090918170428.jpg
昼にステーキを食べてから6時間近く経っているのに・・・。
皿にのっている飛騨牛が美味しそうに見えない・・・。


当然のことながら残すのはもったいないので何とか完食。
今考えれば宿の人に朝食に再度出してもらえないか聞いてみればよかった。
もはや脳も停止状態だったようで・・・。


【教訓】
自分にとっての美味しいものは必ずしも高価なものではない


翌日は朝から雨だったので、早々に帰宅の途に。
そして午後には雨もやんだので明野のひまわり畑へ。
土地勘のある方はお気づきだと思いますが何処走ってんだって話です。

P8100065_convert_20090918170559.jpg
雨上がり&曇りということでご覧の通りひまわり達もうなだれ・・・。
こっちのテンションも何となく下がり・・・。


そして、明野スウィーツ発見!
その名も「ひまわりソフトクリーム」

P8100087_convert_20090918170635.jpg
なんでも、ひまわりオイルとひまわりフレーバーを使ってるとか。
トッピングは当然ひまわりの種。

表現し難い味わいですが美味しかったです。


食欲の秋!
飛騨牛リベンジしてやる~!!


それではまた!






ツール・ド・フランス2009

2009/07/17 (金)  カテゴリー/週末の過ごし方

突然梅雨明けしてしまい、猛暑に溶けかかっている
制作の井上です���z

この時期はツール・ド・フランスをよく見ているのですが
(見始めて数年のニワカファンです)
今年は日本人選手が2人も出場し、しかも現地でも話題になるほどの活躍で、
いままでよりさらに楽しく視聴しています。

見始めたきっかけは、満開のひまわり畑を突っ走る選手たちが
かっこいいなあと思ったところからですが、
続けてみていても、田園あり���R、市街地あり�r��、小さな村���Ƃ�-���O�n�E�X、そして険しい山岳ありと�R�Ƌ�
1日の中でも次々と景色が変わっていくので飽きずに見ていられます。

さらに、沿道の観客も熱く応援していて、
中には近くの空き地に地上絵(?)を描いて空撮のヘリに撮られたり、
手づくり看板(選手の姿を立体的に模した力作あり)で応援したり、
ただ見ているだけじゃなく、参加してくる観客を見るのも、また楽しいです。

地上波でなかなか放送がありませんが、
スカパーやケーブルで視聴可能でしたら、J SPROTSで放送中です。

放送はだいたい21:00頃から0:00くらいまでで、
この時間はついなにかつまみたくなってしまいませんか?
暑い夜には冷やしたビールを傍らに置いて観戦できれば極楽�ްټޮ��…。

ちなみに、選手たちも長丁場ですので、レース中に走りながら
栄養や水分を補給したりしています。
携帯用ビスケットやドリンクのボトルをバッグに入れて、
チームスタッフが走っている選手にうまいこと渡すようです。
そのバッグ(=補給食全般)のことをサコッシュといいますが、
観ているこちらもサコッシュを用意したくなっちゃいますね。

三洋堂のネットショップでもビール&おつまみをご用意しています。
世界のビールギフトこちら
ビールイメージ


ツールでの日本人選手の活躍もあってか、このところ日本でも自転車通勤する人や、
ロードレースをはじめる人が増えているそうです。
井上の知人にも約30km(ちなみに片道が、です)
の距離を自転車通勤している猛者がいました���񂮂�
ハマるとやめられないらしいです…。
(7月16日の放送では片道40kmの道のりを通った方が出演されてましたね。
どんな世界なんでしょうか。毎日80km走るというのは…)


しかし、ママチャリならともかく、ロード用バイクで長時間走るからには
いろいろと準備も必要でしょう。
しかもこのところの暑さですから熱中症対策もしなくては。
バイクをはじめスポーツ時に必携なのが、

チリーパッド
チリーパッド


水で濡らして絞るだけで冷たいタオル�J�L�Xのできあがり、
という夏のスポーツやアウトドアに欠かせないグッズです。
一度濡らせば数時間冷たさをキープします。
洗濯もOKですので、何度でもお使いいただけます。
首筋や手足を冷やすといいそうですよ。

夏休みにご家族でスポーツを楽しまれる方もいらっしゃると思います。
くれぐれも帽子と水分補給は忘れずに、チリーパッドと一緒に
楽しい夏休みを

テーマ : 自転車ロードレース - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。